舅の会社から援助をしてもらって補填をしてもらっても焼け石に水とうとう倒産。多額の借金が残り今では私は実家で暮らし2人の子供達は各自バラバラです離婚の形をとって破産宣告していますから主人とは一緒に暮らせません。

虫眼鏡でコチラを覗く女性

今は時々あって食事をしたり二人で一泊旅行をしたりしています。少し余裕が出来てきたので主人はプレゼントしてくれたりしています。

破産宣告したり偽装離婚をして日々を過ごしていますがもっと主人と一緒に居たいです、舅は半身不随になり体が不自由ですでも今一緒に居る母も介護の居る状態です。

働いても働いても追いつきません神戸の高台に住んで居た頃が懐かしく涙が出そうになります。こんな生活の中友達に勧められ占いの所に行きました。

占いなんかに料金を払うのは今の自分には苦痛でしたが何故か分かってもらえるものがありそれだけで元気になれたようです。

夫も頑張ってくれているので私も頑張れます。占いは一筋の光のように心の中に細く長い線になりそれこそ光明が見えたような気がしました。

先端は見えなかったのですが自分の苦労したことが理解してもらえた安堵感はありました。占いなんてなんでしょうね、でも今、がむしゃらに走っている自分にはちょっと停泊できる田舎の無人駅のような思いがしました。

占いで自分の方向が決まるとは思いませんが勉強になりました。