私の電話占いに対する考え ~電話占い師からの視点~

私は占い師をしていた。一日に何人もの方を占っていたので、経歴からしたら『超 売れっ子 占い師』ということになるだろう。では、そこまでに上り詰めるまでどんなことをしてきたのか。なんということはない、誰でも簡単になれるのだ。私がしていたのは『占いサイトの占い師』である。

会社に行ってパソコンを起動すると、占いサイトに登録している方からメールが来ている。内容は家庭の悩みや職場の悩み、付き合っている異性の悩みと、悩みばかりである。それに対し、会社で決められた文を送るだけの簡単な作業(占い)だ。これに対してどう思われるだろうか。

『汚い商売』や『消費者への裏切り』だと感じる方が多いのではないかと思う。しかし、売り上げは順調だ。サイトへの登録者は年々増え、退会者はほとんどいない。先ほど述べたように、占いを希望する人は悩みを持った人ばかりだ。悩みといっても種々あるだろうが、私が受けてきた悩みは、不倫・借金・会社でのトラブルなど、どれも占い師より弁護士に話した方が良いのではないかというような内容ばかりだった。

私の電話占いに対する考え ~電話占い師からの視点~

私が考える占いとはカウンセリングのようなもので、占いという形で悩みを話し、占い師はその話を聞いてあげる。相談者は解決方をすでにわかっているので、占いの結果に意味はほとんどなく、話を聞いてもらえるだけで十分なのではないだろうか。

生活をするには様々な問題が立ちはだかり、日本人の良さである『協調性』が失われていくなかで、何かにすがりたい・頼りたいという気持ちがほとんどの人にあるはずだ。その解決方法として占いを選ぶ人が多いのは怫然だったのかもしれない。

私の電話占いに対する考え ~電話占い師からの視点~

私は占い師をしていた


Copyright© 2014年6月30日 結婚運を占いたいなら電話鑑定がお勧め
http://www.coleenrooney.net All Rights Reserved.